マルティン・ヘッセによるカルプ市の写真

© ズィビュレ・ズィーゲンターラー-ヘッセ

「お前の写真には、どれもみな何かユニークなものが感じられる。しかも、全く一貫した感じなのだ。それらは私にとって、お前の何か、お前の顔とか、性質と かいったものを持っている…」とヘッセは、マルティン・ヘッセが1932年に父の生まれ故郷で写した、このカルプの写真について息子に書き送っている。