ガイエンホーフェン

ヘッセの最初の住居、現在は博物館

ヘルマン・ヘッセはこの家のことを、「私の職業上の最初の本当の仕事場」と書いた。1904年、詩人は、ボーデン湖畔のヘーリ半島にある村に住みついた。ガイエンホーフェンは、この有名な市民に対し、ヘッセの最初の住居のすぐ隣のヘーリ博物館の2階に専用の部門を捧げた。初版本、文書類、絵画、写真、それにまた、彼の最初のタイプライターや沢山持っていた読書用の眼鏡など、彼の個人的な所持品がヘルマン・ヘッセのガイエンホーフェン時代をはっきりと示している。

 

 

 

 

ヘルマン・ヘッセ‐ヘーリ博物館

78343 ボーデン湖畔ヘーリ博物館

電話: + 49 7735/440949

Fax: + 49 7735/440948