文学文書館

社団法人ドイツ・シラー協会は、シラー国立博物館と
ドイツ文学文書館の所有者である。これらマールバハの諸機関は、近代ドイツ文学のテキストやドキュメントを収集し、整理し、
解釈するという共通の目的を追求している。
博物館は1903年に開設され、初めはシラーとシュヴァーベン出身の詩人たちの博物館と文書館だったが、50年台の半ばからは、古典から現代に至る全ドイツ文学に捧げられた。その頃、ドイツ文学文書館が設立され、1972年以降は専用の建物に収められ、それが更に
1979 / 1980 年及び 1990 / 1994 年に増築された。
収蔵品はすべての学問研究者、文学研究者に対し、一般の文書館規定の枠内で、ドイツ文学文書館内での閲覧に供されている。
ヘッセに関する蔵書数は、この文書館が一部は供託物として、一部は所有物として管理している中で、最大の遺産である。

 

シラー国立博物館は毎日9時~17時まで開館しているが、
12月25日、26日の全日と、12月24日、31日の午後は閉館される。