画家の友人たち

画家の友人たち:

ヘルマン・ヘッセと

グンター・べーマー

© ズーアカンプ出版社

バーゼルの書店で店員をしていた時代に既に「画家たちや好事家とのつきあいには事欠かない」と彼は書いているが、造形芸術家たちとはいつも、時には生涯にわたる友情もあり、特別な連帯感を感じていた。画家たちは、彼に自身の創作への意欲をかきたて、歓迎すべき議論相手となり、一緒に絵を描きに、あるいは旅行に出かける仲間でもあった。ヘッセの方では、雑誌や、カタログ、モノグラフィーなどに、彼らの作品についての理解ある記事を書いて、彼らを援助したのだった。ここでは、ヘッセの画家の友人たちの何人かを紹介する。

 

クーノー・アミエ;, グンター・べーマー, オットー・ブリューメル, マックス・ブーハラー, オラーフ・グルブランソン, ルイ・モワイエ, エルンスト・モルゲンターラー, ハンス・プルマン, ハンス・シュトゥルツェンエガー, ペーター・ヴァイス, アルベルト・ヴェルティ, フリッツ・ヴィドマン