Márton Kalász- マルトン・コラスツ

1934 年ハンガリー南部に生まれ、ペクスの大学に学ぶ。その後ルポライター、編集者、出版社編集顧問を経て、1994年までシュトゥットガルトのハンガリー文化研究所所長。17冊の詩集と長編小説『冬の子羊』がある。社会的な状況や、彼の故郷のさまざまな変化に対する批判的で皮肉な取り組みを行なっている。 1999年には、ヘルダーリンについての自身の詩のアンソロジーのドイツ語訳『暗い傷』が出版された。