Hermann-Hesse-Museum Calw - Rundgang 03/20

Utensilien von Hesses Arbeitsplatz

ヘッセの仕事場の道具―眼鏡から書き物机の敷物にいたるまでが展示されている。
その中には、「書かれたものは、いつまでも残る」という信条的な標語のついた両親所有のファヤンス(イタリアの陶器)の筆記用具入れもある。

 

kleine Drucksachen

既に1,916年からヘッセは小さな印刷物を作らせて送る、ということを始めていた。これら初期の私家版を―これは全く伝道会の小冊子論文の伝統に則ったやり方なのだが―ヘッセは、友人たちや文通相手への回状でも規則的に更に続けていた。