Hermann-Hesse-Museum Calw - Rundgang 13/20

Hermann-Hesse-Museum in Calw

1912年、ヘッセは家族と共にスイスのベルンに引っ越す。1913年にはそこで長編『ロスハルデ(湖畔のアトリエ)』を書き終える。これは芸術家の結婚の問題をテーマにした作品だった。

 

Hermann-Hesse-Museum in Calw

「戦争は私にとって次第に異質なものになっていきます。それはすべての知識人を毒しているからです」、とヘッセは第一次世界大戦中に書いている。彼はベルンの戦争捕虜救援所を設立し、「戦争捕虜文庫」を編集し、捕虜たちのために本や新聞を発行する。父の死後ヘッセは精神療法を受け、C.G.ユングに出会い、ジグムント・フロイトの精神分析を公に支持する。