Hermann-Hesse-Museum Calw - Rundgang 14/20

Hermann-Hesse-Museum in Calw

1919年の『デーミアン』もその名前で出したエーミル・シンクレアという偽名は、ヘッセにしばらくの間、「名声や敵意に煩わされず、烙印に惑わされることもなく」自分の政治的な記事を発表する自由を与えた。クーノー・アミエの肖像画はこの時期の詩人の姿を表している。

 

Hermann-Hesse-Museum in Calw

家庭が崩壊した後、ヘッセはベルンを去り、テッスィーン地方に移り―モンタニョーラでカサ・カムッツィの小さなアパートに引っ越す。その内部の様子を画家のハンス・プルマンが油絵に描いている。写真は「クリングゾルのバルコニー」である。