Hermann-Hesse-Museum Calw - Rundgang 17/20

Hermann-Hesse-Museum in Calw

このガラス戸棚は、モンタニョーラのカサ・カムッツィのヴェランダを思い起こさせる。この中にはヘッセの所持品のうち、籐の安楽椅子、写生用の椅子、庭仕事の作業衣や道具が展示されている。

 

Hermann-Hesse-Museum in Calw

メールヒェン『ピクトルの変身』をヘッセは1922年、「愛する女性のために書き、描いた」が、それは、彼が1924年に結婚したルート・ヴェンガーだった。この結婚はすでにその3年後に再び離婚に至った。「50歳の男の危機」は、ヘッセの場合、途方もない享楽慾と結びついていた。彼が経験し、体験したことが長編『荒野の狼』に結実する。